『蛇香のライラ(じゃこうのライラ) 第二夜 アジアン・ナイト(PC版)』ネタバレなし感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日は、『蛇香のライラ ~Allure of MUSK~ 第二夜 アジアン・ナイト』のネタバレ無しの感想・レビューを書かせていただきます。

ネタバレなしを心がけておりますが、多少ネタバレと感じる表現が含まれるかもしれません。
気になる方は閲覧にご注意くださいませ。

目次(クリックできます)

あらすじ

全体のあらすじ

主人公・シリーンは、《ショーサロン・カマル》に所属するカマルいちの踊り子“舞妖妃”であると同時に、“密偵”としての顔も持っている。
美しい花は今日も依頼を受け、密愛の罠に獲物を嵌めていく。

引用・参考:公式サイト

第二夜のあらすじ

鱗帝国の皇太子――“鱗 皇驪”
鱗帝国の太子――“鱗 希驪”

広大な領土を有する鱗帝国の跡継ぎの二人は、腹違いの兄弟だった。
皇太子・皇驪は穏やかで人徳が厚く、その弟・希驪は誰とでも親しくなれる気安さがあった。
二人は皇太子の妃候補と共に、『世界次世代指導者会議』へ出席すべくシャナーサ王国へやってくる。

――会議開始前日の昼。
たまたま訪れたシャナーサ王国の市場で、
皇驪は愛読書『白蛇伝』の主人公”白娘子”を象ったかのような女性と出会ってしまう。

「そなたは、白娘子! ようやく会えた。私の運命の人――」
――その日の夜。

運命的な出会いにより骨抜きになってしまった兄が
会議で失態を犯すのではと心配した弟・希驪は、単身『白娘子』を探しに行く。
たどり着いたのは、《ショーサロン・カマル》
店主に声をかけられ、あれよあれよのうちに“舞妖妃”に依頼をすることに。

「……こう兄のことを誘惑して、その後手酷くフッてやってよ。
あの『白娘子』信者に、現実を見せてやりたいんだ。
純愛なんてこの世にはないんだっていう現実を、ね」

女の愛し方が奇異なターゲットと、女の愛し方が軽薄なクライアントとのアジアン・トライアングル

寵愛の遊戯に耽けるのは誰か――

引用:公式サイト

おすすめポイント

  • 双方の揺れ動く恋心がしっかり描写されている
  • いちゃいちゃシーンの糖度が高くてうっとり
  • 魅力的な三角関係展開
推しは希驪♡

全体感想

シリーンが自身の気持ちを語る場面が増えた

第一夜と比較して、特に違いを感じたのは、シリーンが自身の気持ちを語る場面が増えたこと。

これによって、シリーンがそれまでの人生で男性という存在にどんな感情を抱いて生きてきたのか、恋愛する中で男性観がどのように変化していったのかがわかり、より感情移入することができました。

シリーンは仕事柄、男性に慣れているように感じられ、恋愛も上手にできるのかと思いきや、実は自分に自信がなかったり、男性を信用していない部分があるので、スムーズに恋愛することができません。

皇驪と希驪は、そんなシリーンの心を変えてしまうくらい魅力的なキャラたちでした♪

男性キャラの気持ちの変化が伝わってくる

第二夜の攻略キャラである皇驪と希驪は全く違うタイプのようでいて、純粋で誠実というところは似ていました。
2人はシリーンとの最初の関わり方が違っているので、それぞれの関係性から恋愛関係に発展するまで、どのような道のりをたどるのかドキドキしながら進めました。

男性キャラ2人がシリーンにときめく瞬間が描かれており、男性キャラの気持ちの変化が伝わってくるところも良かったです!

恋愛描写が丁寧で糖度高め

実は、個人的にシリーズの中でもっとも好きなのが、この第二夜です。

皇驪も希驪も単純にキャラとして好みだったのもありますが、シリーンと男性キャラ双方の揺れ動く恋心がしっかり表現されていたのが第二夜だったため、感情移入して楽しめたからというのが大きいかもしれません。

前作の第一夜は、駆け足な展開と感じる部分もあり、気持ちがついていけていないまま色っぽいシーンに突入してしまうようなこともあったように思います。

第二夜ではそこに至るまでの経緯がきちんと描かれていたため、しっかりと恋愛を堪能できたように感じました。
皇驪と希驪はいちゃいちゃシーンでのしっとりとした色気がすごくて、虜になってしまいました♡

皇驪と希驪の兄弟はとても仲が良かったので、三角関係の展開になっても比較的自然というか、個人的には好みな感じで嬉しかったです♡

キャラ別感想

鱗 皇驪  CV:興津和幸さん

鱗帝国の皇太子、27歳。
「白蛇伝」という鱗帝国に伝わるおとぎ話が大好きで、その物語の主人公“白娘子”に度を超えた憧れを抱いています。
弟である希驪に「白蛇伝信者」と呼ばれているくらい、夢見がちでどこか抜けているところもありますが、穏やかな性格で誠実、そして頭も切れる、とても優秀な皇太子です。

偶然出会ったシリーンが白娘子に似ていたことから、皇驪、希驪と縁ができます。
シリーンのことを“白娘子”と呼び、神聖視すらしているような皇驪が、どんな恋愛をすることになるのか、楽しく見守りました。

皇驪はシリーンが誘惑しても男らしい欲望を見せず、そのことにシリーンが困惑する場面もあるのですが、一方で、性欲抜きに自分を見てくれることに嬉しさも感じます。

なぜ皇驪が性欲を否定するのか、また、「白蛇伝」にこだわる理由も、物語が進むにつれて明らかになっていきます。
皇驪は皇太子ということで、2人が将来的にも一緒にいるにあたって障害が色々とあるのですが、その障害を乗り越えていく過程も楽しめました。

特に印象に残っていて好きなのは、2人がすれ違う場面。
常に冷静で流暢な言葉遣いの皇驪ですが、必死さのあまり、うまい言葉が出てこないところにグッときました。

皇驪は女性に不慣れなのですが、シリーンとの関係においては、「上級者なのでは?」と感じるような色っぽいシーンが多々ありました。

長髪だからか、皇驪の髪型がよく変わるのでそれもまた楽しかったです♪
特にお気に入りなのはポニーテール!

鱗 希驪  CV:佐藤拓也さん

皇驪の腹違いの弟で、鱗帝国の第二王位継承者。25歳。
イラストから受ける印象でワイルド系かと思いきや、つい面倒をみたくなるような無防備な大型犬タイプでした。

序盤では、シリーンに「女たらしで欲望に忠実」というようなイメージを持たれてしまう希驪ですが、物語が進むにつれてそういった印象が消え去ります。
希驪は真っすぐな性格で優しくて、シリーンにとって眩しく見える存在。

シリーンを口説く希驪。それをひらりひらりと躱すシリーンがすごくかっこよかった!
そして、躱されて駄々をこねる希驪がほんと可愛い!!

希驪はシリーンを求める気持ちがわりとストレートに伝わってきて、ガツガツしているようにも感じるんですが、全然嫌な感じじゃないんです。
うまく表現できないんですが、無邪気な色っぽさという感じ。

一方的に自分の気持ちを押しつけるわけではなくて、シリーンのことを大切に思うがゆえに、きちんと待てもできる大型犬。
たまに待てができなくて飛びついてきちゃうところも可愛かった♡


ちょっと強引な態度に出られても、「仕方ないなぁ、もう」とつい許してしまうようなキャラ。
希驪にはめちゃくちゃキュンとさせられて、このシリーズの中で一番の推しキャラとなりました。

シリーンを必死に守ろうとしたり、縋ってくれたり、粘り強く向き合ってくれるところが好きでした。
その中でグッとくるセリフが多くて、心揺さぶられて涙が出てきてしまった場面もありました。

PC版とSwitch版が発売されている

私がプレイしたのは下記のPC版ですが、Switch版も発売されています。

Switch版の追加要素

公式サイトによると、Switch版には下記のような追加要素があるとのことです。

追加要素がたくさん!
  • 第一夜から第三夜まで好きなところからプレイ可能
  • PC版の全巻購入特典ドラマCD『会議だ!砂漠だ!ビーチフラッグスだ!と、情熱的なキス』を新規CG1枚と共に、ボーナスイベントとして追加
  • ゲーム本編に新規CGを6枚追加
  • メインキャラクター視点のショートストーリーを各メインキャラクターに3本ずつ、計18本を追加
  • 前日譚ショートストーリーを各メインキャラクターに1本ずつ、計6本を追加
  • エンディング後のロマンチックなキャラクターからの手紙
  • サブキャラクター《店主様》の日記を追加
  • 「立ち絵の目パチ口パク」を搭載
  • 抱きしめられる、押し倒される等のキャラクターと密着する場面に連動して振動する機能の追加

(引用・参考:公式サイト

本日は、『蛇香のライラ 第二夜 アジアン・ナイト』の感想にお付き合いくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

  • URLをコピーしました!
目次(クリックできます)