『下天の華(げてんのはな)』ネタバレなし感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日は『下天の華(げてんのはな) with 夢灯り 愛蔵版』のネタバレ無しの感想・レビューを書かせていただきます。

Vita版には『本編』と『夢灯り』が収録されていますが、感想が長くなりましたので、2つの記事に分けました。
この記事は本編の感想となります。

ネタバレなしを心がけておりますが、多少ネタバレと感じる表現が含まれるかもしれません。
気になる方は閲覧にご注意くださいませ。

目次(クリックできます)

あらすじ

時は、戦国時代。伊賀の里で暮らすくのいちの主人公は、修行に励む日々を送っていた。
そんなある日、主人公は里に届いた依頼を受け、安土城に向かう。
織田信長の居城、安土城で待っていたのは信長の腹心・明智光秀。

「──君を、飼うことに決めたよ」

光秀は主人公を雇い入れ、妹姫と偽って城内に滞在させることにする。
密命をこなしながら、姫として、安土の武将たちと縁を深める主人公。
その中で芽生える、淡い恋。
だが、やがて主人公に残酷な命令が下される。
「信長暗殺」──それは、安土の皆を裏切る、罪深い任務だった。

引用:公式サイト

おすすめポイント

  • 歴史上の人物が登場する、戦国時代を舞台とした作品
  • 戦えるカッコいい主人公
  • ミニゲームなどがあり、通常のノベルゲームよりもプレイヤーの自由度が高い
  • パケ絵とゲーム画面のイラストが大きく異なるため、ゲーム画面のイラストを要確認
主人公のほたるちゃんが魅力的♡

全体感想

通常のノベルゲームよりもプレイヤーの自由度が高い

くのいちである主人公のほたるちゃんは、明智光秀からの依頼で、光秀の妹・桔梗姫として安土城に潜入して任務をこなしていきます。

期限内に任務を完了しなければいけないですし、他にも、ストーリーを展開させたり、攻略キャラの好感度を上げたり、修行しなきゃいけなかったり…色々やることがあります。
私は、普段ノベルゲームを中心にプレイしているのですが、それらの作品と比べると、ミニゲームなどこちらでアクションを起こさなければならない要素が多く新鮮でした。

一人の攻略キャラに絞って進めるなら、それなりに余裕があるのですが、共通セーブデータを作ろうと思うと、やることが多くて忙しかったです。
私は攻略サイト様と、ゲームの中の人物情報、人物詳細とをにらめっこしながら進めていったのですが、選択肢がランダムなので、攻略サイト様を参考にしても完全にその通りにはいかなかったりしました。

でも、フォロワーさんに「それでも大丈夫だよ!」と教えていただいてから、あまり気にせずに進めていきました。
たまに大きく間違った選択をしてしまうこともあったので、こまめにセーブをしておいて、プレイし直したりしました。

主人公が戦闘力の高い女の子

この作品で最も魅力的に感じた点は、主人公のほたるちゃんが個人的に好みの女の子だったところだと思います!

忍びとして戦闘力が高いので、敵を華麗に倒したり、攻略キャラのピンチの時には駆けつけて助けたりして、すごくカッコイイ♡
性格は真面目で優しくて潔いのですが、任務によっては完全には自分の心を殺せない弱さや脆さを持っているところも人間味があって良かったです。

ほたるちゃんは、ある特定のキャラを除き、お相手に正体を偽ったまま親しくなり恋をすることになります。
たとえ好きな相手であっても、任務について明らかにすることはできないので、ほたるちゃんは一人で悩み苦しみますし、お相手もそんなほたるちゃんを心配したりします。
二人がどんな結末を迎えるのか、ストーリーを進めていくのがスリリングで楽しかったです!

作品の時代背景もあると思うのですが、恋愛に関して奥ゆかしい印象を受けました。

罪の華エンドが印象的

この作品には、罪の華エンドという、一種のバッドエンドととらえられるエンドがあります。
ですが、攻略キャラの気持ちはほたるちゃんに向いているように感じたので、個人的にはそんなに嫌な気持ちになりませんでした。
また、このエンドは、他よりも艶っぽい展開をほのめかすような感じだったと思います。

ほたるちゃんが思い悩んだ挙げ句、他の人の思惑も絡んで、不幸な方向に行ってしまうのですが、攻略キャラたちにはそこに至った過程もちゃんと分かって欲しかったなぁ。
「結果がすべて」ということでほたるちゃん自身も潔く過ちを認めているんですが、なんだか可哀想に思えてきて心に残るエンドでした。

パケ絵とゲーム画面のイラストの違いが大きい

この作品はゲームソフトのパッケージに描かれているイラストと、プレイ中に出てくる立ち絵やスチルのイラストがだいぶ違います。

どちらのイラストがお好みかは人によるとは思いますが…。
もしパケ絵がお好みでなかったとしても、実際のゲーム画面のイラストをご覧になったら印象が違うと思いますので、一度ご確認いただいた方がいいかも。

ちなみに、私はパケ絵には惹かれなかったのですが、ゲーム画面のイラストは好みでしたので楽しめました♪

主人公・ほたる

変化(へんげ)が得意な伊賀忍。
明智光秀からの依頼で、光秀の妹・桔梗姫として安土城に潜入して任務をこなしていきます。

ほたるちゃんは、忍びとして優秀で、男性と戦っても勝てるくらいの実力の持ち主。
人の道に反する任務以外はそつなくこなしますが、情にもろいのは忍びとしての弱点かもしれません。

ほたるちゃんは、桔梗姫として織田信長をはじめ安土城の面々と過ごすうちに、自分が天下泰平の世を願う心を持っていることに気づきます。

男性に守ってもらうのではなく、むしろ「私がお守りします!」というくらい、強くて真面目で潔い性格のほたるちゃん、すごく魅力的で好きでした♡


キャラ別感想

森蘭丸  CV:島﨑信長さん

幼少の頃から信長に仕えてきた側近。
真面目で努力家な性格です。

信長様への忠誠心が強いあまりに、桔梗姫(ほたるちゃん)にも警戒していたようで最初は冷たかったです。
「信長様・命!」という感じの蘭丸でしたが、ほたるちゃんと恋愛する中で、信長の言葉にそのまま従うのではなく、何を信じるのかを自分で決める姿勢が見られるようになりました。

ほたるちゃんが変化していても、していなくても、蘭丸はほたるちゃんの内面を好きになったというのが感じられて良かったです♪

全エンドを通して、「蘭丸はどんな方向にも真っ直ぐなんだなぁ」という印象を受けました。
ハピエンでは、ほたるちゃんは蘭丸に負けないくらい武術に秀でているので、対等な立場で二人で明るい未来を歩んでいくといった感じが素敵でした♪

百地尚光  CV:檜山修之さん

ほたるちゃんの忍びの師匠である伊賀の上忍。
両親を亡くした幼いほたるちゃんを忍びとして育てた師匠ということで、だいぶ年上なのかなと思います。
口では厳しいことを言うものの、ほたるちゃんに対して優しいというか甘いところが好きでした!

長年、弟子とか子供とか思っていた女の子を恋愛対象として見るようになるのって、そんなに簡単なことじゃないと思いますし、普通は抵抗があるんじゃないかと思うんですよ。
百地さんは、ほたるちゃんのことを簡単にはそういう対象として見ようとしないで、距離感を保とうと葛藤していて、そういうところに個人的には好感を持ちました。

ほたるちゃんも百地さんも、師弟関係から恋愛関係になることに対して、しっかり自分の気持ちに向き合って結論を出していくところが素敵でした♪
このルートでは、ほたるちゃん、かなり押しましたね!
待ってるだけじゃなくて、自分から押していく女の子、好きです。

徳川家康  CV:小野賢章さん

女性と争いごとが苦手で、自然を愛し、調剤を趣味とする家康様ですが、実は武芸にも秀でているそうです。
鳥を「小鳥さん」と呼ぶことがすごく衝撃的でした…!

家康様は、女性が苦手ということで、ほたるちゃんとはろくにコミュニケーションをとれない状態のところからスタートして、次第に打ち解けていきます。

家康様は癒し系、可愛い系で、ともに過ごす時間の大部分は優しく穏やかな時間が流れていました。
ですが、最後の最後で、男らしさや思いきりのよさが見られて良かったです!

織田信行  CV:岡本寛志さん

織田信長の弟。
他のルートでは、結構な小物(こもの)感を出していた信行様。
自ルートではどんな感じなのか、おっかなびっくりプレイしました。

兄弟ながらも、信長の豪胆な性格とは全く違った性格で、優秀でカリスマ性のある兄と自分を比較して苦しんでいる人でした。
でも、繊細な感性を持ち、他人の悲しみや弱さに寄り添えるという信行様ならではの良さもあって、ほたるちゃんはそんなところに惹かれていきます。

このルートでは、ほたるちゃんの包容力に感服!
信行様は優しい人ではあるんでしょうけど、闇が深すぎて、私には助けてあげられそうにありません…。

明智光秀  CV:野島健児さん

信長様の腹心で、ほたるちゃんの雇い主。
他のキャラを攻略している時から気になりすぎて仕方なかった光秀様♡

容姿端麗で頭脳明晰、おまけに武芸にも秀でている完璧な人というイメージでした。
辛辣な発言が多いので、疑われたり誤解されたりすることが多いです。
でも、本人はあえてそれを煽るような言動をしたりしています。

光秀様はほたるちゃんの雇い主なので、このルートでは、ほたるちゃんは隠し事をする必要がない状況で光秀様と接しています。
したがって、他のキャラとは少し違った展開かと思います。

光秀様はスチルがどれもこれも美しくて!!
何度も見直したくなるほどでした。
他のキャラのルートでは、クールな表情しか見られなかった光秀様ですが、ストーリーを進めていくと可愛い表情とか色んな表情をするようになるので必見です!

光秀様は何でも一人で抱え込んでしまうし、なかなか本心を見せてくれません。
ほたるちゃんは忍びである自分に頼ってくれないので、寂しさを感じます。
最後の最後までどうなるか分からないストーリー展開にドキドキさせられました。

でも、よく考えたら、物語のすべてにおいて、ほたるちゃんの苦悩や悲劇の元凶はこの人なんですよね…。

羽柴秀吉  CV:森久保祥太郎さん

信長の家臣で、女性好きとしても有名。
ほたるちゃんに対して初対面の時から口説いてくるので、最初は軽い印象も受けましたが、後からじわじわと良さが分かってくる人でした!
明るく親しみやすいし、機転も利いて鋭い。

秀吉は低い身分から成り上がったということもあってか、会話の一つ一つに言葉の重みが最も感じられました。
ほたるちゃんが悩んでいる時にも、決して説教くさいわけではなく、押し付けがましいわけでもなく、ほたるちゃんの心に寄り添うような言葉をかけてくれるところが素敵でした。

正直言って、ときめく感じではなかったんですが、ほたるちゃんに体当たりで向き合ってくれる包容力や人間としての温かさ…ほんと安心できる男性でした。

ちなみに、罪の華エンドが攻略キャラの中でも一番心に刺さりました。

織田信長  CV:松風雅也さん

織田家の総大将。
攻略順はテキトーに決めたのですが、特別感があるルートだったので、結果的には最後にして良かったと思います。

信長様は常にどっしり構えていて、カリスマ性がありました。
基本的にはクールというか威厳があるというか、あまり崩れないキャラだったように思います。
でも、ほたるちゃんのことを「気に入ってる」段階から、さらに想いが深まると声音が優しくなります。

ほたるちゃんの素性や任務など、そういう細かいことを気にせずに、ほたるちゃん自身と向き合ってくれるところに器の大きさを感じました。
意外と、言葉に出して愛情表現してくれるところが良かったです♪

本日は、『下天の華 with 夢灯り 愛蔵版』の感想にお付き合いくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

  • URLをコピーしました!
目次(クリックできます)