『DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher(アッポリ)』ネタバレなし感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日は、『DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher(ダイナミックコード フィーチャリング アップルポリッシャー)』のネタバレ無しの感想・レビューを書かせていただきます。

ネタバレなしを心がけておりますが、多少ネタバレと感じる表現が含まれるかもしれません。
気になる方は閲覧にご注意くださいませ。

目次(クリックできます)

『ダイナミックコード』とは

honeybee blackが贈るバンドをテーマにした乙女向け作品。
音楽事務所兼レコード制作会社である『DYNAMIC CHORD』(ダイナミックコード)に所属している4つのバンドにスポットを当てて、バンド音楽の楽しさや、バンドマンとの甘く激しい恋物語を描きます。

引用:公式サイト

ダイナミックコードは、以下の4作品が発売されており、それぞれ4名の攻略キャラがいます(計16名の攻略キャラ)。
主人公については、4作品で異なっています。

ダイナミックコードシリーズ4作品
  • DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait](レヴァフェ)
  • DYNAMIC CHORD feat.Liar-S(ライアーズ)
  • DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO(キョーソー)
  • DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher(アッポリ)

『アッポリ』のあらすじ

シンガーとして芸能界で活動している主人公・柊美羽 (*名前変更可能) には、想い続けてきた初恋の人がいる。

歌うことの楽しさを教えてくれたその人への想いを胸に秘めながら、熱心に音楽活動に取り組んできた。
ある日、所属事務所の先輩バンドのライブツアーにゲスト出演することに。
ライブ初日、サポートとして入ることになったapple-polisherの黒沢忍を紹介される。

ライブ後、控室で引き合わされたのは、忍のバンドメンバーの音石夕星、青井有紀、そしてヴォーカルであり美羽の初恋の人である天城成海だった――。

互いに音楽を愛し進んでいくバンドマン達と、アナタとの恋の行方は?

引用:公式サイト

『アッポリ』のおすすめポイント

  • 芸能人同士の恋愛ストーリー
  • 自己主張がしっかりできる強い主人公
  • 人によっては地雷と感じるほど、癖が強い攻略キャラたち
  • 途中で困難が多いからこそ、結末は感動が大きい
  • 主人公、攻略キャラともに成人しているため、大人っぽい恋愛が描かれている
  • 作中でバンドの曲が聴ける

全体感想

歌手である主人公とバンドマンたちとの恋愛

DYNAMIC CHORDシリーズ(通称:ダイナー)は4作品あるのですが、いずれも攻略キャラはバンドマンたち。

シリーズ4作目となる本作では、主人公の美羽ちゃんは歌手で、恋愛のお相手はバンドマンということで、芸能人同士の恋愛が描かれています。

私は、ダイナーシリーズは発売順にプレイしてきましたが、中でもこのアッポリが一番好きです♡
シナリオがすごく心に刺さって、プレイ後は長い間ロスに陥っていました。
なので、ちょっとひいき目に感想を書いてしまうかもしれませんが、お許しを…!

他のダイナーシリーズでも魅力的な攻略キャラたちが登場するので、キャラのお好みはあるかとは思います。
ですが、作品としての完成度やシナリオの濃さの観点からは、最後に発売されたこのアッポリが集大成的な印象を受けました(※あくまで主観です)。

下の方でも書かせていただいていますが、ダイナーシリーズを発売順に1、2作品プレイされて、そこで終わってしまう方もいらっしゃるようですが…
この作品のファンである私としては、ぜひこのアッポリはプレイしていただきたい!と思っております。

物語のはじまりの時点で、主人公には好きな人がいる

主人公の美羽ちゃんには、物語のはじまりの時点で好きな人がいるという設定が新鮮でした。

その好きな人とは、攻略キャラのうちの1人である成海くん。
なので、他の3人の攻略キャラのルートでは、美羽ちゃんはどこかの時点で成海くんへの恋心と決別するんです。
このようなストーリー展開の乙女ゲームには、私は出会ったことがありませんでした。

どの攻略キャラのルートでも、美羽ちゃんが初恋の相手である成海くんへの気持ちを整理して、別の人を好きになる過程が丁寧に描かれています。
ですので、美羽ちゃんの気持ちの変化をとても自然に受け止められましたし、感情移入できました。

美羽ちゃんが20歳であり、攻略キャラたちの大部分が社会人だからか、全体的に大人っぽい恋愛が描かれていて、恋愛描写が私のツボに入りまくった作品でした♡

かなり癖の強い攻略キャラがいる

一部の攻略キャラは、美羽ちゃんを傷つけるような言動をしたり、衝撃的な過去を持っていることが明らかになったりするので、地雷というか…もしかしたら苦手と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、癖が強かったり、ちょっと毒のある感じが、この作品の魅力だと思います。
万人受けするゲームではないものの、私にとってはハマりにハマった中毒性のある作品です。

本作には心にグサッとくるような展開も含まれているものの、プレイ後に温かい気持ちになれたのは、魅力的なサブキャラ達の存在のおかげもあるのかなと思います。

美羽ちゃんの先輩バンドであるグリララ、美羽ちゃんが住むことになる天城家のご両親。
美羽ちゃんや攻略キャラを取り巻く人々が本当に優しくて、涙してしまった場面もありました。

遥海さん(成海くんの母)がフルタイムで働いているにもかかわらず、驚異的な家事遂行能力を持っていることには毎回ツッコミを入れたくなりましたが、そこは物語とは全く関係がないので置いておきます笑

アッポリの曲がいい!

作中で、ボーカルであるNaL(CV:蒼井翔太さん)が歌っている曲を聴くことができるのですが、それがどれもいい曲なんです!

これらの曲はCDとして発売もされており、プレイ後にアッポリロスに陥った私は、CDを買いあさって聴いていました。

また、音楽のCD以外に、ドラマCDも販売されており、プレイ後にそちらを楽しむこともできます。

主人公・柊 美羽(アーティスト名:Miu)

主人公の美羽ちゃんは、プロのシンガーとして活躍しつつ、大学の作曲科に通っています。

外国育ちということも関係しているのかもしれませんが、感情表現が豊かで、わりと勝気なところがあり、自分の意見をはっきり言うタイプ。

作中では「歌姫」と呼ばれるシーンも多いのですが、そのような存在でいるために、裏でとてもストイックに努力をしていますし、高いプロ意識を持っていると感じました。
歌手としての自分に誇りと自信を持っていて、どんな困難にもめげずに立ち向かう、とにかく強い女の子です。

私は美羽ちゃんが大好きなのですが、乙女ゲームの主人公としては自己主張が強いタイプなので、好みが分かれるかもしれません。

キャラ別感想

天城 成海(NaL) CV:蒼井 翔太さん

アッポリのヴォーカル。
成海くんは、素直で優しくて、みんなに愛されていて、このゲームのヒロイン的な印象を受けました。

上でも書きましたが、成海くんは美羽ちゃんにとって初恋の人。
なので、このルートでは初恋を実らせるまでが描かれています。
美羽ちゃんは成海くんのことを好きすぎて、挙動不審になったり一喜一憂したりするのですが、私はそんな美羽ちゃんを純粋にカワイイなぁと思いました。

成海くんは、最初の時点では美羽ちゃんの方を全く向いてくれていません。
ですが、成海くんが悩んでいる時に、美羽ちゃんが相談に乗ったり、時には引っ張ってあげたりする中で、少しずつ美羽ちゃんに対する気持ちが変わっていきます。

成海くんはとても鈍感なので、なかなか美羽ちゃんのことが好きだと気づかないんですが、そこは他のキャラたちが活躍してくれます。

成海くんが美羽ちゃんのことを恋愛的には意識していない時期から、「彼女は俺の大事な人だから」とサラリと言えちゃうところとか。
酔った美羽ちゃんをお姫様抱っこで部屋まで運んでくれるところとか。
下心がないのにこんなことができてしまうなんて…天然のタラシだー!!

成海くんは中性的で可愛い系のキャラなのですが、このように急にお姫様抱っこをしてくれたり、不審者に絡まれているところを助けてくれたりと、たまに見せる男らしい一面にドキッとさせられました。
また、本作の攻略キャラの中で最も感情を表に出すキャラだったので、特に嫉妬するようなシーンでは可愛くて仕方なかったです♡

告白シーンは、何度も見直してしまうくらい、すごく良かった!(あるキャラのアシストもすごく良かった!)
初々しい二人にキュンとしました♡
両想いになってからの成海くんは、ストレートに愛情表現をしてくれて、甘い気持ちになれました♪

黒沢 忍(Kuro) CV:梅原 裕一郎さん

ベースを担当し、アッポリのリーダーを務めています。

他の攻略キャラたちが強烈な印象を与えるため、常識人の黒沢さんは少し地味に感じてしまいますが…。
後からじわじわとその魅力を感じるキャラです。

生真面目だし、穏やかだし、料理上手だし、包容力があるし、面倒見が良いし。
もし私が結婚相手として考えるとしたら、本作の中で一番魅力を感じるキャラだと思います。

ワガママを聞くのが好きという黒沢さん、包容力が半端ないです!
美羽ちゃんは黒沢さんといる時が一番甘えたがりになりますが、黒沢さんは甘えさせ上手なので無理もないですね。

このルートは、イチャイチャシーンが少なかったように思うのですが、最後の方で黒沢さんがちょっと意地悪するシーンがあって…とても色っぽかったです♡

音石 夕星(Toi) CV:櫻井 孝宏さん

ドラムを担当。
夕星は、普段はふざけていて我儘に見えるのですが、実は他人の感情や体調に敏感で、人一倍気遣い屋さんです。

こんなにプレイ前とプレイ後の評価が変わったキャラは、これまでいなかったかもしれません。
第一印象としては私のタイプのキャラではなさそうだったのですが…
プレイしたら引き込まれて、めちゃくちゃ夕星大好きになりました♡

このルートは、夕星と美羽ちゃん、それぞれが抱える問題や心の傷と向き合っていくストーリーでした。
内面に踏み込まれたくない夕星と、踏み込みたい美羽ちゃん。
夕星は威嚇したり、暴力的な行動をとったりして、美羽ちゃんを傷つけます。

普通ならこの時点で夕星と距離をとると思うのですが、美羽ちゃんは怖い思いをしながらも、それでもめげずに夕星を構います。
彼を攻略するには、これくらいグイグイいく女の子じゃないと無理だろうなぁ。

夕星の状況が落ち着いてきたと思ったら、今度は美羽ちゃんが辛い状況に。
夕星はこれまでが酷かったからこそ、献身的に美羽ちゃんを支える優しい姿に、心が揺さぶられましたし、温かい気持ちになりました。

告白シーンが素敵すぎて、感動しまくりで。
こんな告白されたら、答えはイエスしかないですよ。
夕星ルートが終わっても、しばらく現実世界に戻れませんでした…。

本編でも心を持っていかれましたが、Vita版の追加シナリオがこれまた素晴らしくて!
個人的には、追加シナリオの中では一番キュンときたので、最後に見ればよかった、とちょっと後悔。
夕星は普段はふざけてばかりいるけど、ここぞという時にはしっかり決めてくれるので、そのギャップにドキッとさせられます。

青井 有紀(UK) CV:中島 ヨシキさん

ギターを担当。

有紀にとっては、音楽を続けていくことが一番大事で、そのために必要な成海くんが大事。
そこで彼は、美羽ちゃんを成海に近づけないために、美羽ちゃんにある勝負を持ち掛けます。
もうこの時点で、もう嫌な予感しかしません…。

美羽ちゃんと有紀は、音楽への情熱など共感できる部分が多く、一緒にいる時間が増えていきます。
美羽ちゃんに対する有紀の言動は、「それは本心?演技?」と思うようなものが多くて、私としてはいまいち信用できないままストーリーが展開してゆきます。

その後は、嫌な予感が的中で…このあたりは、プレイしていて心が痛くて仕方なかったです。
でも、有紀も心が揺れていないわけではなくて。

嘘つきで本音を言わない有紀でしたが、それから様々な事件を経て、気持ちが次第に変わってきます。
自分の気持ちに戸惑っている有紀の不器用なところが見えてきて。
個人的にはここでやっと有紀を好きになれた気がします。
捨て犬のような顔をしてヤキモチを妬いてくれる有紀にキュンとしました。

両想いになった後の有紀は、本当にデレデレで甘くて甘くて♡
美羽ちゃんのご機嫌を伺う可愛い有紀の姿が見られるなんて、最初の時点では想像できませんでした。

辛い経験を経て、やっと幸せになれた美羽ちゃんを見て、私まで幸せな気持ちになりました。
時には相手に甘え、また時には相手を甘えさせてあげられる関係になれた2人、私はすごく素敵だと思いました。

アッポリがプレイできるハードは?

下記のように、PC版とVita版でプレイ可能となっています。

Vita版は、『DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher V edition』というタイトルで販売されています。

PC版とVita版の比較・どちらがおすすめ?

PC版とVita版をプレイして私が感じた印象も含めて書かせていただきます。

  • PC版の一部のシーンの表現がVita版では変更
  • Vita版では新たに6つのシナリオが追加
  • サブキャラ・青井茜のキャストさんが交代。
    PC版:木村保貴さんからVita版:松本大督さんへ(引用:公式サイト
  • 絵師さんが交代?(公式サイトに情報なし。詳細不明)


PC版での刺激が強いシーンについて、Vita版では表現が柔らかく変更された部分があったように思いますが、ストーリーの進行上、私は全く気になりませんでした。
特に大きく変わっていた部分を具体的に挙げると、攻略キャラが美羽ちゃんにする酷いことの内容がソフトになっていたかと思います。
他にも変更点はあったかと思いますが、鈍感な私では気づかない程度の自然なものだったかと…。

スペシャルストーリーに関しては、半分はPC版にも含まれていたものでしたが、Vita版では新たに6つのシナリオが追加されていました。
追加シナリオでは、キャラたちが服装を新たに登場したり、同メーカーの作品であるBlackish Houseのキャラが名前だけ登場したりしていて楽しめました。

それと、公式サイトでは記載を見つけられませんでしたが、絵師さんが途中で交代されているようです。
詳細は分からないのですが、素人目にも「これまでの絵師さんと違う方が描かれているのかなぁ」と感じるスチルには出会いました。

PC版のとんがった表現を浴びたい方はPC版を、
追加シナリオも楽しみたい方はVita版を選ばれるとよいかと思います。

他のダイナーシリーズとの関係性

DYNAMIC CHORD(ダイナミックコード)は、本作を合わせて4作品が販売されています。

ダイナミックコードシリーズ(発売順)
  1. DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait](レヴァフェ)
  2. DYNAMIC CHORD feat.Liar-S(ライアーズ)
  3. DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO(キョーソー)
  4. DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher(アッポリ)

それぞれ別のバンドのストーリーが描かれており、主人公も別となっていますので、どの作品からプレイされても大きな問題はないかと思います。

ただし、アッポリはレヴァフェの攻略キャラや主人公との関係性が深いため、レヴァフェをプレイされてからアッポリにいくのが個人的にはおすすめです!

その他の作品に関しては、同じ事務所のバンドということもあり、「先輩の〇〇が~」みたいな感じで、会話の中で名前は出てくるものの、そこまで重要なシーンではないと個人的には思いました。

ダイナーシリーズのおすすめのプレイ順

ご参考までに、管理人の主観的なおすすめのプレイ順を書かせていただいてよろしいでしょうか。

私はこの作品が大好きなので、フォロワーさんに布教することが多いのです。
フォロワーさんたちは真面目な乙女ゲーマーさんばかりなので、発売順に4作品プレイしようとなさいます。

その結果、何が起きるかと言いますと…

多くの方がライアーズかキョーソーあたりで、長い休憩に入られます。
アッポリまでたどり着いてくださる方は少ないです…

4作品となるとボリュームもすごいですし、一気にプレイするのは大変ですよね。
それに加え、BGMや背景などが4作品で共通だったりしますので、ちょっと単調に感じてしまう部分もあるのかもしれません。

絶対にアッポリはプレイしていただきたい私としては、下記の順番でのプレイをご提案したいです!

管理人のおすすめプレイ順
  1. DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait](レヴァフェ)
  2. DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher(アッポリ)

ここで必要なら休憩を挟みつつ、下記の作品はお好きな順番で。

  • DYNAMIC CHORD feat.Liar-S(ライアーズ)
  • DYNAMIC CHORD feat.KYOHSO(キョーソー)

本日は、アッポリの感想にお付き合いくださいまして、ありがとうございました!
大好きな作品だったので、いつもよりさらに熱が入ってしまいました。

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

  • URLをコピーしました!
目次(クリックできます)