『ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~』ネタバレなし感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日は、『ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~』のネタバレ無しの感想・レビューを書かせていただきます。

ネタバレなしを心がけておりますが、多少ネタバレと感じる表現が含まれるかもしれません。
気になる方は閲覧にご注意くださいませ。

目次(クリックできます)

あらすじ

平家と源氏の命運をわけた『平治の乱』から十五年――。
栄華を極めた平家はこの世の春を謳歌し、敗れた源氏は没落の中にあった。

かろうじて命を助けられた源氏の御曹司・遮那王は、
山深い鞍馬に預けられ、修行の日々を送っていた。

そんな遮那王には誰にも知られてはならない秘密があった。
――実は女だという重大な秘密が。
(引用:公式サイト

おすすめポイント

  • 源氏と平家がモチーフの歴史ファンタジー
  • 男性とともに戦える強い主人公
  • 女性上位の主従関係
  • 主人公に強い執着心を持つヤンデレキャラ
遮那ちゃんが
素敵♡

全体感想

史実に基づいた歴史ファンタジー

ストーリーとしては、平治の乱で源氏が平家に敗れた後、鞍馬寺でひっそりと暮らしていた主人公(遮那王/源義経)が、平家と源氏の争いに巻き込まれていくというものです。

史実に基づきながらも、ファンタジー要素もあって、楽しめる歴史物でした。

世界観、音楽、キャラクター、どれも素敵で、どっぷりと作品の世界に入り込めて楽しめました!
ストーリーの起伏がすごくて、次から次へと新たな展開が待っているので、プレイしていて飽きるということが全く無かったです♪

日本史はあまり勉強してこなかったので詳しくないのですが、そんな私でも知っている人物や名称、出来事などが出てくると、なんとなく親しみを感じました。

もし10代の頃にこの作品をプレイしていたら、もっと日本史に興味を持てたんじゃないかなと思います。

攻略順について

プレイするにあたって、私が攻略制限ありのキャラから突撃しようとしていた時に、プレイ済みのフォロワーさんに止めていただいて、公式さんのおすすめの攻略順を教えていただきました。(面目ない…)

公式さんのおすすめの攻略順は、次のようになっているようです。

教経→弁慶→春玄→頼朝→知盛
(引用:ビルシャナ戦姫公式Xアカウント@birushana_info

フォロワーさんとお話しして、私は弁慶からプレイすることにしました。
結果としては、その順番でプレイして良かったと思います。

なぜなら、教経が推しになったからです!!
私は好きなキャラほど後に攻略したいんですよね。

なので、個人的には、

弁慶→春玄→教経→頼朝→知盛

でも良かったかなと思うのですが、公式さんのおすすめの攻略順がそのようになっている理由もプレイしてみると理解できるので、私のおすすめ順はあくまでも参考程度にしていただければと思います。

ちなみに、サブキャラについても、攻略キャラたちのルートから分岐したルート(ifエンド)で、ちょこっと攻略できたので嬉しかったです♪

主人公が強くて魅力的

この作品で私が最も魅力を感じたのは、主人公の遮那王が強くて魅力的な点です。

源氏の遺児ということで、源氏からも平家からもプレッシャーがある中で、さらに、本当は女性なのに男性として生きなければならない遮那王。

ほとんどのルートで遮那王にとっては苦難の連続なのですが、彼女は精神的にも肉体的にも強くて潔い子で、それほどクヨクヨすることなく突き進むので、見ていて爽快です♪

遮那王は人の上に立つに相応しい人間性を持っているため、家来として付き従いたい、共に戦いたいというキャラ(イケメン)が複数いても納得なんですよね。

遮那王は自分が守られるだけなのを良しとしない戦える子なので、攻略キャラたちとの関係性も肩を並べて戦うようなものが多くて素敵でした♡

恋愛に関しては、個人的には甘い展開がもう少し欲しいと思ってしまいましたが、でも、乙女ゲームとして大満足な作品でしたので、甘い展開についてはFDに期待したいと思います。

主人公(遮那王/源義経)

平治の乱で父が敗死したことにより鞍馬寺に預けられ、幼少期より男として育てられ、兵法と武術を叩き込まれてきました。

遮那王のセリフに、「守られるだけは御免だ」「女であることを理由に負けるなど絶対に嫌だ」などというものがありますが、女性でありながら、これまでの鍛錬に裏打ちされた武術の実力があり、戦場でも活躍します。

作中では、遮那王のことを値踏みしてくる者、品定めでもしてくるような者もいるのですが、しっかり結果を出して自身の存在を認めさせます。カッコイイ♡
人望も厚く、作中では遮那王に付き従いたいというキャラも登場します。

男性として生きてきたので、話し方は男性っぽいのですが、恋愛をして相手に想いを伝える時には、恥ずかしがりながらも、わりとストレートに表現するところが可愛かった!
強気な瞳が魅力的な遮那王、ほんと好きなキャラです♡

キャラ別感想

弁慶  CV:梅原裕一郎さん

都で平家相手に刀狩りをしていましたが、遮那王に倒された後、遮那王の人柄に惹かれて、やや強引に主従関係を結ぶことになります。

弁慶は大らかで、実直な性格。
揺らがない忠誠心を持ち、「いざとなったら、自分を盾にしてでも遮那王を守る!」という姿勢が見られる場面が随所にありました。

大型の忠犬というか、お父さんというか…とにかくすごく安心感がありました。
個人的には、あまりに安心しすぎてドキドキはありませんでしたが、厚い忠誠心にグッときましたし、どんな時にも信じてついてきてくれて支えてくれるところにはホワッと心が温かくなりました。

女であることを隠し、源氏の遺児である重圧にさらされている遮那王にとって、どんな生き方をしようともそばに仕えてくれる、どんな自分でも受け入れてくれる弁慶は心の拠り所となっていきます。

恋愛においては、遮那王の方が身分が高いので、弁慶は遮那王のことを想っていても「立場を弁えなければ」という感じなのですが、そこは遮那王が頑張っています♪

平教経  CV:河西健吾さん

平清盛の甥で知盛の従弟。
根っからの武人で、何よりも侍としての志を大事にしており、自分の信念に真っ直ぐに生きている感じがしました。

教経は、最初は遮那王のことをただただライバル視していて、「俺と勝負しろ!」と遮那王を追い掛け回す熱血青年という印象しかなかったのですが…。
私にとって、この作品で一番の推しキャラは教経になりました♡

それぞれ平家、源氏の名を背負っている同い年の教経と遮那王は、「家名に縛られたくない。一人の自分として生きたい」という思いを持っています。
それに、二人とも向上心が高くて、そんなところも似た者同士です。

平家と源氏という敵対関係にありながら、お互いのことを誰よりも理解しあっていて、お互いを自分という一人の人間として向き合ってくれる存在として認識していく、というストーリーに惹きつけられました。

詳しくは書きませんが、遮那王に関しては、このルートだけが唯一、努力の賜物として高い戦闘能力を持っている感じなんですよね。
(だから、公式さんの推奨攻略順では教経が最初に来ているのだと思いますが…)
それもあってか、遮那王に関しても、このルートが一番魅力的に見えて好きでした♡

遮那王と教経が刀と刀でぶつかり合いながら、お互いを認め合っていく過程がすごく心に響いて。
私は、恋愛に関しては、お互いに成長し合えるような、人として尊敬し合っているような関係が好きなのですが、まさにこのルートがそんな感じでした!

教経は、遮那王が女の子と分かってからも態度を変えないんです。
遮那王のことを性別に関係なく、人として認めているということが感じられて、ますます教経のことが好きになりました。
教経のセリフはグッとくるものが多くて、きゅんきゅんさせられたり、ジーンとさせられたり、忙しかったです♡

この二人の恋愛に関しては、源氏と平家のしがらみや因縁からは逃れられず、本当に障害ばかりで、やるせなさ、切なさを感じる場面が多かったです。
ストーリーが「山あり谷あり」すぎて目が離せませんでした…!

ハピエンでは、生涯にわたって競い合い、高め合う対等な関係という雰囲気がすごく出ていて、「やっぱりこの2人、大好きだー!!」となりました♡

春玄  CV:斉藤壮馬さん

遮那王と同時期に鞍馬寺に預けられ、幼い頃より一緒に育ったため、物語の最初の時点から遮那王が女であることを知っている唯一のキャラです。

客観的に見たら主従関係なのかもしれませんが、本人たちにとってはそういう雰囲気でもなく、幼馴染みに近い関係性です。
春玄は、影に日向に遮那王を守り支えてくれる存在で、遮那王が穏やかに暮らせるよう願ってくれています。

遮那王と春玄は、性別に関係なく信頼関係がすでに築かれていたのですが、このルートでは、春玄が次第に遮那王のことを女の子として意識するようになっていく過程を見ているのが楽しかったです

平家のように敵対関係にあるわけでもなかったので、他のキャラに比べたら、春玄との恋愛はそれほど障害はないのかと思いきや。
2人の気持ちが重なるのは早いのですが、権力者の思惑なども絡んできて、周囲の状況がそれを許してくれないんですよね。

春玄は、その容姿や特技から、「もしや…?」と思うところがあったのですが、このルートでは衝撃の事実が明らかになります。
立場が変わっても、変わらず想い続けてくれる春玄の一途なところが素敵でした♪

春玄は、立ち絵も素敵なんですが、スチルがまた美しいお顔をしていらっしゃるんですよ!
めちゃくちゃ眼福のルートでした。

源頼朝  CV:古川慎さん

遮那王の兄。
平治の乱の際に、十四歳だった頼朝は死刑を免れ伊豆国に流刑にされました。
無表情で、人を寄せ付けようとしない頼朝ですが、源氏再興に対して並々ならぬ想いを抱いています。

頼朝は、正直言って他のキャラのルートでは何を考えているのか分かりづらかったり、印象が良いとは言えない場面もあったりしたのですが…。
このルートでは、その内面を知ることができ、頼朝の壮絶な過去が明らかになって、長年、孤独と罪悪感に苛まれながら生きてきた頼朝を幸せにしてあげて欲しい気持ちでいっぱいになります。

最初のうちは、遮那王は一途に無邪気に頼朝を兄として慕っているのですが、一方の頼朝は遮那王のことを純粋に肉親としては見ていないようで。
頼朝には悲願があるので仕方ない面もあるのですが、遮那王の気持ちを考えるとちょっと辛いなと思う状況もありました。

遮那王に頼朝の凍てついた心を溶かして早く仲良くなって欲しいと思う一方で、「兄弟関係である二人がどうやって恋愛するのかな?」と興味津々でプレイしました。

最初は頼朝は遮那王のことを弟だと思っていたわけで、真実を受け止めるのにもう少し時間がかかると思っていたのですが、頼朝は意外と切り替えが早いというか、潔かったです!
わりと自分の気持ちに素直な人なのかなと思いました。

なかなか自身の心を表に出さない人なだけに、感情をあらわにしてくれたり、遮那王のことを本気で心配してくれたりすると、ギャップが大きくてグッときますね!

このルートでは、遮那王が戦闘兵器っぽくなる期間があるので、遮那王ファンの私としてはちょっとそれが悲しかったです…。

平知盛  CV:福山潤さん

平清盛の四男で、武勇・知略共に優れています。
知盛は、世の中がどうなろうとも、自分のことさえも関心がなく生きているのですが、唯一興味を持ったのが遮那王なんです。

でも、その遮那王への執着の仕方が異常というか、想いが捻れているというか。
このお方、他のルートでは、遮那王に対して〇トーカーのような、印象に残りすぎる言動を繰り返していたので、ちょっと不気味だったり、怖かったりしました。

でも、このルートでは打って変わって素敵でした!!

ルートに入ってすぐに「ん?ちょっとスピリチュアル?」と感じたのですが、その後は怒涛の展開でした。
こういう展開になるとは全く予想していなかったので、ストーリーの流れに翻弄されました。

冒頭に意味深なシーンがあったのですが、ここに繋がっていたんですね。
すごく気になるシーンだったので、もう少し突っ込んで描写していただけたら嬉しかったかも。

知盛は人とは違う能力を持っていたために、これまで苦しんできて、そんな経験から今のような性格になったようです。
遮那王もその苦しみを共感できる状況になって、二人の距離が近づいていく過程が描かれていました。

知盛が次第に遮那王に愛しさを感じて、優しくなっていく様子を見ているのが楽しかったです♪
最初のうちは、素直すぎる遮那王が知盛に言いくるめられている感はありましたが。

恋愛関係になっても、知盛の執着心の強さが健在なところが良かったです!

本日は、長文にもかかわらず、感想にお付き合いくださり、ありがとうございました!

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

  • URLをコピーしました!
目次(クリックできます)