『源氏恋絵巻』ネタバレなし感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

ブログへのご訪問ありがとうございます!

本日は、私にとって2作目となるQuinRose作品、【源氏恋絵巻】の感想・レビューを書かせていただきます。
(ちなみに、1作目はブログを始める前にプレイしたので、感想を書いていません…)

私はいつも感想を書く際に、公式サイトさんを引用させていただいたり、参考にさせていただいたりするのですが、今回は公式サイトさんが見つからなくて引用できず。
そのこともあり、いつもにも増して情報量の少ない記事となってしまいましたが、お許しいただければ幸いです。

ネタバレなしを心がけておりますが、多少ネタバレと感じる表現が含まれるかもしれません。
気になる方は閲覧にご注意くださいませ。

目次(クリックできます)

あらすじ

主人公の千影は、帝の娘である『光の宮』という姫君に仕える女房。
千影は、恩人である光の宮のことを何よりも大切に思いながら、穏やかな日々を送っていた。

しかし、ある日、光の宮が突然失踪。
光の宮と瓜二つである千影は、光の宮や他の女房たちの立場を守るために、光の宮の身代わりをすることになる。

光の宮の不在が周囲に知られないよう、光の宮の婚約者候補たちをはじめ、彼女にかかわる男性たちと交流することになった千影。
それと同時に光の宮探しも進めなければならない。

光の宮は一体どこへ行ったのか。
彼女が戻ってくるまで、千影は彼女の身代わりを無事に務められるのか。

おすすめポイント

  • 源氏物語をモチーフとした、平安時代が舞台のストーリー
  • 攻略キャラ7人
  • ほとんどのキャラがリップ音たっぷりで色っぽい
  • 年下キャラがメイン攻略キャラ

感想

源氏物語の男女逆転版っぽい世界観

タイトルの『源氏』をあまり気にせずにプレイ開始したのですが、攻略キャラの名前を見ているうちに、「あぁ! 源氏物語をもとにしているのね!」と気付きました。

主人公が仕える『光の宮』は女性ですが、彼女が光源氏をモチーフにした存在のようです。
光の宮には、「月光五君子」と呼ばれる5人の婚約者候補がいます。

攻略キャラは、その5人を含めた合計7人です。

ストーリーの大筋は、攻略キャラで共通

攻略キャラの人数は多いものの、光の宮関係の経緯やハピエンに至る流れはほぼ同じです。
なので、1人目を攻略してしまうと、他のキャラでも似たような展開になるので、攻略の手が緩む時間があったように思います笑
ただ、少し他の攻略キャラとは違う立場の紫の君、攻略制限のある常盤のルートでは、また勢いを取り戻してプレイしました♪

全体を通して、伏線やサブキャラたちの意味深な言動が各所に散りばめられていて、プレイしていると疑問が浮かんできます。
それは、主人公の千影ちゃんは何者なのか?ということ。
その疑問は最後まで残り、一番最後にプレイする常盤ルートでやっと明らかになります。

絵が綺麗&女の子がすごく可愛い!

立ち絵もスチルも美麗で、しかも、「このシーンではスチルが欲しいな」と思うところにはほぼスチルがありましたし、スチルが思っていたよりも多めで大満足でした♪

特に印象的だったのが、女の子がとても可愛く魅力的に描かれていること。
もちろん男性キャラもカッコイイのですが、私は女の子の方に目を奪われることが多かったように思います。

リップ音が堪能できる作品

時代背景もあってか、両想いになると肌色な展開になったりもします。
そのため、攻略キャラによっては色気たっぷりのリップ音が堪能できました♡

キスシーンにリップ音が入っているかどうかは、キャラ設定や演じられる声優さん次第なのかな。
リップ音のしない、静かなキスシーンがほとんどというキャラもいました。

リップ音がたっぷりで色っぽかったキャラ
  • 葵の君(CV:石川界人さん)
  • 紫の君(CV:下野紘さん)
  • 朧月夜の君(CV:木村良平さん)
  • 明石の君(CV:逢坂良太さん)
  • 六条の君(CV:蒼井翔太さん)
ほとんどのキャラが色っぽかった!

私にとって辛いバドエンがちらほら

バドエンでも、主人公が攻略キャラにちゃんと愛されているものなら、そこまで辛くはならないのですが…。
この源氏恋絵巻では、そうではないバドエンもちらほら見られて。
千影ちゃんが攻略キャラに裏切られたりするようなものは、見ていて心が痛かったです。

バドエンでの朧月夜の君は、まさにクズ男…。
乙女ゲームの攻略キャラで、ここまでのことをするキャラって、なかなかいないのでは。
朧月夜の君のお声は大好きなのに、千影ちゃんにしていることはひどいので、複雑な心境でした。

朧月夜の君は、ハピエンではもちろん千影ちゃんを溺愛してくれますので、先にバドエン回収しておいてハピエンで記憶を上書きできて良かったなぁと思いました。

推しは紫の君♡

紫の君  CV:下野紘さん

この作品は、年下キャラである紫の君がメイン攻略キャラみたいなんですよね…!
(紫の君だけ回想シーンに特別感があるので、おそらくそうだと思います)
年下キャラがメイン攻略キャラというのは、乙女ゲームではあまり無いと思いますので、年下好きな私としてはめちゃくちゃ嬉しいです!!

私の推しは、もちろん紫の君♡
可愛さとカッコ良さと色っぽさのバランスがちょうどいいんです(〃▽〃)
こういう可愛すぎない年下キャラを待ってた!

紫の君は、一途すぎて切ないくらい千影ちゃんのことを好きでいてくれます。
それに対して、千影ちゃんは身分の差を気にしすぎて素直になれなくて、紫の君に結構ひどいことをしているので、モヤモヤしちゃいました…。

千影ちゃんに辛辣なことを言われた後の、紫の君の言動が心に刺さりまくり…!
真っすぐすぎて泣きそうになりました。
紫の君は、他の攻略キャラのルートでも、千影ちゃんを想ってくれているキャラなのですが、そういうところも非常に好みです♡

私の中の下野さんキャラのイメージからすると、紫の君の第一印象は「あれ? なんだかいつもとイメージ違って大人っぽいキャラだな」というものでした。
紫の君は、甘く囁くような話し方をするシーンが多くて、いつもより色気が増し増し♡
ストーリーを進めていくと、徐々に最初のイメージとはちょっと違う姿も見せてくれるようになって…それもまた良かったです!

ざっくりした感想になりましたが、お付き合いくださいまして、ありがとうございました!

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

  • URLをコピーしました!
目次(クリックできます)